新宿・渋谷へ15分 特急停車駅「徒歩4分」の価値
1

京王線特急停車駅「調布」駅へ徒歩4分
「新宿」「渋谷」へともに15分で到着する抜群のアクセス

京王線特急利用で「新宿」駅へわずか15分のアクセス力。「明大前」駅で京王線井の頭線に乗り換えれば、「渋谷」駅へも15分。駅徒歩4分、距離にして約270m。特急停車駅の駅近の価値は、暮らしやすさだけではなく、資産的な価値も魅力となっています。
2

駅徒歩4分、面積で比較してもわかる希少性

駅徒歩4分は距離にして320m。駅徒歩10分だと800m。単純に駅徒歩距離を半径で計算すると、その面積比は約1/6の小ささとなります。駅徒歩分数が小さくなればなるほど、距離圏の面積は比例して小さくなり、マンション供給の確率が低くなることがわかります。
※協同エージェンシー調べ
3

駅近ながら、住居系地域に属する希少性

一般に商業施設が豊富に揃った特急停車駅に近いエリアは、大型の複合商業施設などや、遊技場などを建てる都合で、商業地域や近隣商業地域に定められていることが多いと言えます。住居系地域では、良好な生活環境を保つために、商業施設をはじめとして、建設できる施設の制限が細かく設定されています。「アルソスフォート調布」は、旧甲州街道に面した一部が近隣商業地域、その他の多くの敷地は、第一種住居地域に建設されます。
4

駅前再開発で誕生したトリエ開業後“初” に住まう

「調布」駅前再開発の一環として2017年に開業したトリエ京王調布は、地下化された旧線路上に建ち並ぶ、3館からなる複合商業施設です。「アルソスフォート調布」は、駅徒歩5分以内の新築分譲マンションとしては、トリエ京王調布開業後、初の発売物件となります。
  • トリエA館
  • トリエB館
  • トリエC館
5

駅近だからこそ叶う、便利な住環境

最寄り駅から約270m。それは同時に駅前の各種生活支援施設にも近いことを表します。毎日のお買い物から、お洒落や最新の家電、万が一の際の医療機関など、駅前ならではの便利さに囲まれて暮らせます。便利な生活環境も駅近マンションならではの魅力と言えます。
※掲載の立地概念図イラストは計画段階の図面と地図、写真を基に描き起こしたもので、実際の縮尺、形状とは異なります。
※掲載の徒歩分数は80mを1分として算出(端数切り上げ)した概算時間です。
※掲載の電車での所要時間は、日中平常時は10時~16時で表示しております。(平成30年6月現在、YAHOO!「路線情報」調べ)
※掲載の写真はすべて平成30年7月に撮影。