京王線特急停車駅 「調布」駅徒歩4分
トリエ開業後”初”に住まう
2020年を見据える新しい調布駅前で快活に暮らす。
2017年に開業したトリエ京王は、まだ真新しさを残す、3館からなる複合商業施設。地下化された旧線路上に建ち並んでいます。 日常生活に欠かせない食料品や雑貨から、シネコン、家電、豊富な飲食店まで、駅前だけで事足りる、まさに線路上の大型ショッピングモール。 「アルソスフォート調布」は、駅徒歩5分以内の新築分譲マンションとしては、トリエ京王開業後、初の発売物件となります。 また、最寄りとなる東口は食料品や雑貨を取り揃えるトリエA館の内部にあり、行き帰りでの買い物がとても便利。 ここでの暮らしは生き生きとした毎日のはじまりとなります。
トリエA館
(現地より徒歩4分/約250m)
関東最大級の規模を誇る「成城石井」をはじめとして、食料品、ベーカリー、スイーツ、雑貨、アパレル、書店、レストランを網羅する「トリエ京王調布A館」。テナント数50店舗を誇る、日々をステキに飾るデイリーな館。改札階から直通のエレベーターがあり、快適なショッピングが楽しめます。
トリエB館
(現地より徒歩7分/約510m)
「ビックカメラ」をキーテナントに迎えたB館。1階から4階までのフロアに展開する売り場で、家電・パソコン・デジタルガジェットはもちろん、オモチャやスポーツ用品など、ターミナル駅のフラッグシップ店に劣らない品揃えを誇っています。
トリエC館
(現地より徒歩8分/約620m)
全11スクリーンを擁する「イオンシネマ シアタス調布」がキーテナントのシネマコンプレックスの館。館外には人工芝や木製家具を設えた「てつみち」広場があり、誰でも寛げる憩いの空間を駅前に提供しています。
※掲載の航空写真は平成30年6月に撮影したものにCG加工を施しており、実際とは異なります。
※掲載の徒歩分数は80mを1分として算出(端数切り上げ)した概算時間です。
※掲載の立地概念図イラストは計画段階の図面と地図、写真を基に描き起こしたもので、実際の縮尺、形状とは異なります。
※掲載の写真はすべて平成30年7月に撮影。